読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログSEの一日一冊通勤本 #ベランダの通勤本

「書評」まではいかない、もっと気軽に「読んだものの記録」をつけてみることにしました。

〈固定〉はじめに

「書評」まではいかない、もっと気軽に「読んだものの記録」をつけてみることにしました。


読んだ本やZINEやフリーペーパーのひとこと感想かメモ、文中の好きな言葉など。

まずは続けることを目的として簡単でもいいので一日一冊か二冊、ゆるーく記録していきます。

*2016年3月14日から平日に毎日TwitterにUPしている「#ベランダの通勤本」をこの度ブログにも記録することにしました。



*2016年5月11日現在、「#ベランダの通勤本 34」まで更新しています。トータル冊数は47冊です。




以下、ベランダ本棚HPブログ  3/14分より転載


毎日往復2時間、通勤電車の旅をしています。

 

満員電車は正直ストレス以外のなにものでもありません。

 

 

でも、「毎日必ず2時間は読書のできる時間がある」って思えたらどうだろう。

 

案外集中して読めたりするのです。

 

 

ただ、ぎゅうぎゅうの満員電車では本はおろかスマホさえも開けない・・・そんなこともある。

 

開けても文庫本が精一杯、だったりもする。

 

 

たまたま事務所の移転があった関係で、2ヶ月くらい前から25分早く家を出るようにしました。

 

そうしたら、ラッシュ前最後の、単行本も余裕で開ける混み具合の電車に乗っていけるようになりました。

 

それだけで前よりストレスがぐんと減ったような気がします。

 

 

嫌いな通勤電車だけれど、少しでも快適にすごせるように。

 

勤務場所や始業時間は選べないけれど、そこに向かうまでの時間の使い方と本は選ぶことができる。

 

制限された中でのあそびを、自分でつくっていこう。

 

そんなふうに思っています。

 

 

 

 

持っていく本は、毎朝その日の気分で出がけに選びます。だいたい2冊。

 

昨晩の読みかけの本、前日通勤時に持っていった読みかけの本、未読の本、さまざま。

 

 

同じ毎日のはずだけれど、読みたいと思う本は毎日ちょっとずつ違う。

 

選ぶ本から、今の自分のことがわかったりします。

 

選ぶのは自分だけれど、その自分のことを自分は全部わかっていない。

 

・・・と、なんだかうまく説明できないのですが、

 

本を選ぶことで今の自分と向き合える、そんな気がします。

 

 

 

今までもずっと毎朝2冊選んでいましたが、

 

それをこれからその日の夜Twitterに「#ベランダの通勤本」とタグをつけてつぶやきます。

 

自分にとっての新しいことはそれだけ。

 

でも、ベランダ本棚がどんな本を一箱に並べているのか、タグを辿ってもらえれば一部でもわかるようになるかなと思っています。

 

(すべてではないですが、ベランダ本棚が読んだ本=一箱に並べる本 なので!)

 

 

ひとこと感想や、好きなページも一緒に書ければそれも。

 

でも、続けるためにはなるべくシンプルに。完璧を求めると動けなくなることがあるから。

 

無理なくできるように、書けないと思ったときは書名・著者名だけでもいいよって自分に言っておく。

 

 

そんなかんじで#ベランダの通勤本、ゆるくはじめてみます。

 


『帰ってきた日々ごはん①/高山なおみ』 #ベランダの通勤本

オビに、自分んちのベランダから見える空の話があって、うんうんって思いながら読んだ。

高山さんの日記はただの日記じゃなくてほんと作品。

四季の感じ方、描き方がいつも好き。


#ベランダの通勤本 55


『すいか 1/木皿泉』 #ベランダの通勤本

ドラマ観たいなと思いながらまだ。

シナリオ形式なので頭の中で登場人物を動かしながら読んでいく…というはじめての読み方をしたら時間かかってちょっと疲れた。

私も「ハピネス三茶」住みたい!


#ベランダの通勤本 54


『わたしのブックストア あたらしい「小さな本屋」のかたち/北條一浩』 #ベランダの通勤本

好きな本屋、行ってみたい本屋ばかり。

2012年発行なので今は移転やお引越しをされた本屋さんも。

家の近くにあるお店が素敵そう…と調べてみたらお引越しをされたことを知る。

残念。行ってみたかったな。


#ベランダの通勤本 53


『住 ーすまう 日本人のくらし/秋岡芳夫』 #ベランダの通勤本

1977年発行。

結局帰りの電車で読めたのは16ページ。こんな日に持っていくには良い本すぎた。けど、こんな日だからこそこの本がよかったのかも。

少し助けられた。


#ベランダの通勤本 52


どの本も選べない朝だった。

本はあるのに、読みたい本がない。

読みたくて買った積ん読本ばかりで、そんなことないはずなのに。


それでも、一冊も持たずに家を出るのは不安なので、一冊選ぶ。


『ちびちび ごくごく お酒のはなし/伊藤まさこ』 #ベランダの通勤本

ちびちびやりたくなる。

簡単で美味しそうなおつまみと、ふだんのお酒。

思い出のエピソードとともに語られるから、ひとつひとつがなんだか特別な一品で、より美味しそう。


#ベランダの通勤本 51


『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 1』 #ベランダの通勤本

鈴木氏のラジオ番組の書籍化。

失くしたくないもの、自分達が良いと思うものに真剣に向き合う姿。

一つに集約されてく。

宮崎駿氏がゲストの回の最後に出てきた“世界の秘密”のこと、忘れられずにあれから考えてる。


#ベランダの通勤本 50